2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« またまたマイクの製作(その4) | トップページ | 外径 7 mm も発見 »

2020年8月 6日 (木)

外径 5 mm のパイプ発見(マイク用パイプに最適?)

 これまで(コネクタのカバーが 6 mm のマイクケーブルに対応しているので)6 mm のアルミパイプを標準に使っていました。
 ところが、6 mm のアルミパイプを使うとコネクタのカバーがしっかり締まらず、1-2 mm 隙間が空きますので、中のスリーブを 2 mm 程度カットして使っていました。
20200806_pipe  先日ホームセンターへ行ったら外径 5 mm のパイプを見つけました。これならスリーブをカットせずにそのままキャノンコネクタが使えそうです。内径 3 mm だと3線のツイスト線も通ります( 1.5 m の竿マイクで外径 4 mm/内径 3 mmのパイプで実績があります)。
 
 マイクカプセルを保持するところは内径 6 mm より大きい必要があるので(売っているパイプの種類から 内径 7 mm か、あるいは 6 mm の内径を削ることになります)、外径 5 mm から内径 7 mm までつなぐ必要があります。
 ホームセンターには外径 7 mm/内径 5 mm のアルミパイプのケースはありますが現物がありません。
 他のホームセンターを探し回るか、納入されるのを待つか、無ければ 0.5 mm 厚の真鍮のパイプで繋いで使うことになります。
 
   8 mm/7 mm(真鍮) ⇒ 7 mm/5 mm(アルミ)⇒

     ⇒ 5 mm/3 mm(アルミ) ⇒コネクタ(7 mm/5 mm のアルミパイプがあった場合)
    
   8 mm/7 mm(真鍮) ⇒ 7 mm/6 mm(真鍮) ⇒ 6 mm/5 mm(真鍮)⇒

     ⇒ 5 mm/3 mm(アルミ) ⇒コネクタ(真鍮のパイプで繋ぐ場合)
    
 これがうまくいったら 1.5 m の竿マイク、外径 5 mm 内径 3 mm のパイプに変更しようと思います(パイプの強度がなくてフニャフニャなので)。

« またまたマイクの製作(その4) | トップページ | 外径 7 mm も発見 »

趣味」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

マイク作製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまたマイクの製作(その4) | トップページ | 外径 7 mm も発見 »