2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月10日 (木)

録音マイク位置の評価

 9月5日の録音でCDを作製し、演奏者に評価していただきました。
 スタンドマイクの録音は上品だが、響きや各パートが独立してよく聞えるのはバウンダリーマイクの方、とうことで、バウンダリーマイクの方でCDを作製することにしました。
 結構高い位置にマイクを設定したと思ったのですが、それでも床の反射音が(すく)ないバウンダリーの方が良いようです。

 早速12枚作製し、送付しました。コンサートからCD発送まで5日(ケース作製は入っていないけれど)、これまでの最短かな。

2020年9月 7日 (月)

チェンバロの調整

 コンサートにチェンバロを貸し出すと、帰ってきた後調整が必要です。
20200905_cembalo  というのは、大体平均律の A = 442 Hz で使うことが多いので。我が家では A = 415 Hz にしているので鍵盤をずらす必要があります。

 鍵盤をずらすには、ジャックを全て持ち上げて、鍵盤のブロックを引っこ抜いて半音分鍵盤をずらします。隙間は(普通は)スペーサーとなるブロックを嵌め込むのですが、私は高い方に狭めの鍵盤を挟み込んでいます。これがないとジャックが落っこちちゃうので(ジャックを外しておくと無くしそうなので)座布団代わりに使っています。一応音は出せますが、f まで使う曲は殆ど無いので意味ないんですけれどね。WTCも使っても d くらいです。
 さて、これから古典調律に調律のし直しです。

2020年9月 6日 (日)

コンサートの録音(9月5日)

 二俣川のサンハート音楽ホールでの録音です。先日音大生のソプラノの録音をしましたが、今回は内輪のコンサート。
20200905_xcc_1
 ホールは定員103人ですが、聴衆は知人だけで20人程度。
 我が家のチェンバロも参加するので、楽器の運送、マイクの設置など結構大変です(撤収はもっと大変。ケーブルの処理が面倒くさいです、最近慣れてきたけれど)。
 写真のようにステージの真ん前に高さ 2 m の竿マイクと、バウンダリーマイクを配置しました。これが標準になりそうです。
 もう一組ホールの後ろで録音しようと思ったのですが、スタンドを忘れて録音できませんでした。

20200905_xcc_2  リハーサルの時に大体ピークレベルを確認して、それより 10 dB 余裕を持ってレベル設定しました。結果は 4.7 dB、5.8 dB の余裕で、まぁまぁかな。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »