2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2SK879のペア取りについて | トップページ | 1 m の竿マイクの作製 »

2021年2月21日 (日)

AKGのマイクと比較

 SさんからAKGのマイクをお借りして、感度比較をしてみました。C460B と C480B (この2機種はプリアンプの名前)です。
20210221_akg1
 C480B はスイッチが二つ付いていて、ゲイン切り替え( +6 dB, 0, -10 dB の3値)と、ロウカットフィルターが切りかえられるように( In, 70 Hz, 150 Hz )なっています。C460B はスイッチが一つで -, 70 Hz, 150 Hz, -10 dB となっています。
 カプセルが交換できるようになっていて、CK61ULS( カーディオイド ) と CK62ULS( 無指向性 )の2種類がついています。

 今回は、無指向性のカプセルとの感度比較をしてみました。
 比較対象のマイクは、差動部の FET として 2SK879 を採用した(ソース抵抗無し)のもので、マイクカプセルの感度ばらつきの中心値より 1.5 dB 低感度のマイクカプセルを搭載したものです。
 結果は、C480B ( Gain: 0 dB )に比べて感度が約 9.5 dB 高く、C460B に比べて 14.0 dB 高いように思われます。かなり感度が高めですね。

« 2SK879のペア取りについて | トップページ | 1 m の竿マイクの作製 »

趣味」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

マイク作製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2SK879のペア取りについて | トップページ | 1 m の竿マイクの作製 »