2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2SK879 の Idss の測定 | トップページ | 武蔵ホール(入間市 武蔵藤沢駅)で録音(2月17日) »

2021年2月15日 (月)

バウンダリーマイクの差動部 FET の交換

 前回の XLR コネクタのバランス測定で、"2"/"3" 端子間で電位差があり、原因が差動部 FET のばらつきにあるらしいことがわかりました。チップ部品ではないマイクアンプは Idss のほぼ同じ FET を使ったのでバランスが良く取れていて、それを受けてチップ FET ( 2SK879 ) の Idssを測定してみました。
20210214_idss  折角 2SK879 ( Y ランク ) の Idss を測定したので、使用頻度の多いバウンダリーマイクの FET を交換してみることにしました。
 取り外した FET の Idss を測定した結果は左の通りです。端子間の電位差 ( V ) を Idss ( mA ) 差で割ると約 4.2 になりました。この回路で 2SK879 を使った場合、Idss 差が 1 mA あると"2"/"3" 端子間の電位差が約 4.2 V 生ずる、ということです。測定精度は 0.01 mA 程度なので、プラスマイナスで最大 0.02 mA、0.08 V くらいの精度かな。

 交換した FET の Idss は 1.82 / 1.82 ( mA )、1.93 / 1.94 ( mA ) で、計算上は 0.00 / 0.04 ( V ) の電位差が生ずることになりますが、実際は 0.00 / 0.09 ( V ) でした。まぁ、良い感じでバランスが取れています。

 他のマイクも、電位差の大きいモノは FET を交換したくなってきました。

« 2SK879 の Idss の測定 | トップページ | 武蔵ホール(入間市 武蔵藤沢駅)で録音(2月17日) »

趣味」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

マイク作製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2SK879 の Idss の測定 | トップページ | 武蔵ホール(入間市 武蔵藤沢駅)で録音(2月17日) »