2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マイク改造(2022年版)その4 取りあえずの試作 | トップページ | マイク改造(2022年版)その5(2SK879GRの特性ばらつき) »

2022年3月24日 (木)

マイク改造(番外編:省電力版 と言うほどでもないが)

 どうも、ここで作っているマイクは感度が高すぎるようなので、低感度バージョンを作ることにしました。
 マイクを貸し出している人に聞くと、他のマイクより10dBくらい感度が高いようです。差動部分のソース抵抗で感度を調整できるので、1.5k にして作ってみました。
20190830_mic_amp_1_   また、マイクの消費電流は、

  ①マイクカプセルの消費電流:0.3 ~ 0.5 mA
  ②差動アンプ部分:1.3 mA 前後
  ③カスコードのゲート電位作製部分: 0.3 mA くらい

の3つの合計で、③が無駄に多すぎない? ということでこの電流を減らすことにしました。全体から見ればわずかですが(全体で約 2 mA なので 10%強の削減になります
)。
 
 結果として、これまで標準に使っているマイクより 12 dB 程度低感度になりました(マイクカプセルの感度差があるので単純に比較はできませんが)。 同じ感度のマイクカプセルを使った前回報告の試作マイク(ソース抵抗を 1.5k にしてあります) と同じ感度になっています。

« マイク改造(2022年版)その4 取りあえずの試作 | トップページ | マイク改造(2022年版)その5(2SK879GRの特性ばらつき) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

マイク作製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイク改造(2022年版)その4 取りあえずの試作 | トップページ | マイク改造(2022年版)その5(2SK879GRの特性ばらつき) »