2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« クレッセントコンサート2021の録音(10月3日(日)) | トップページ | マイク改造(2022年版)その2 »

2022年3月20日 (日)

マイク改造(2022年版)

20220309_mic_amp_2_20220320155001  近頃録音の機会が増えてアップアップしていてブログの更新ができていません(単なる言い訳)。
 
 怠け者の節句働きよろしく、忙しい中でマイクアンプの改造を思いついてしまいました。
 効果があるのかどうかわかりませんが、カスコードのゲート電位をマイク内FETのソース電位からpチャンFETでレベルシフトしてやることで、マイク内FETのVdsを一定に保てるのではないか、と思いつきました。
 図の回路です。これでマイク内FETのVdsを4~5V程度にすれば常に良い(?)条件で使えます。
 残念ながらpチャンの適当なチップFETがないので、このままは(ディスクリートを使えばできますが)作れません。
 
 マイク内FETのVdsが一定にできるので、Phantom電源の余裕ができるのと、ひょっとして音質に改善効果があるかも知れません。
 0.1~0.5mA程度の定電流ダイオードがあるともう少しシンプルになるのですが、pチャンのチップFETがないのでアイデアだけです。

 

« クレッセントコンサート2021の録音(10月3日(日)) | トップページ | マイク改造(2022年版)その2 »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

録音」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

マイク作製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレッセントコンサート2021の録音(10月3日(日)) | トップページ | マイク改造(2022年版)その2 »