2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

趣味

2021年5月16日 (日)

マイクアダプターの効果(その2)

 効果を見やすくするためにレベル差でグラフにしました(久しぶりにやったらやり方忘れていて往生しました)。
 
20210516_ 20210516__20210516223601  測定はツイーターの前にマイクを2本置いて、片方は同一条件で録り続け、もう一方は 50 m のケーブルを繋いだり、マイクアダプターを挿入したりして 1 kHz から 40 kHz までのサインウエーブのデータを"WaveSpectra"で f特を取り、データを取り込んで処理(引き算)します。

 最初の図(左)は再現性を見てみたもの、そこそこ同じようなデータが取れています(3回測定して1回目/2回目の差、2回目/3回目の差を示しています。片方は見やすいようにレベルをずらしています。)。
 2番目の図(右)は 50 m のケーブルを繋いだ場合と 1 m のケーブルの場合の差、および、50 m + アダプター の場合です。
 50 m ケーブルで 20 kHz あたりで 6 dB 程度減衰しているのがわかりますが、アダプタを挿入すると復帰しています。

20210516_akgc460b  で AKG の C460B も調べてみました。C460B の場合は 50mケーブルを繋いでもほとんど変化ありません。送り出しがトランスなのでケーブル長の影響は小さいのでしょう。

2021年5月 6日 (木)

マイクアダプターの効果

 マイクアダプターの効果を簡易調査してみました。
_01 _02

 自作マイクとレコーダーの間に長いケーブルを繋いで、アダプターの有無でf特がどう違うかを調べます。
 ケーブルは録音用にあるものを繋いで 50 m 程度にしたものを使いました。

 音は WaveGene で作ったスイープ信号で 1 kHz から 40 kHz までを使います。スーパーツイータで再生して録音し、50 m ケーブルの有無、アダプター有無で比較します。

 で、やってみるとアダプター(図では"バッファ"と書いてありますが....)の効果絶大です。
 アダプターを繋がないと 50 m のケーブルで 20 kHz あたりで 6 dB ほど減衰してしまいます。アダプターを繋ぐと殆ど減衰がありません。

 私が行う録音ではケーブル長はせいぜい 10 m 程度ですが、一寸長いときには精神衛生上アダプターを使うことにしましょうかね。
 音質の変化があるかは確認する必要がありそうです。

2021年4月12日 (月)

月の光と愛の小径

 先日 Youtube アップ用に録音したピアノ曲の残りの2曲がアップされました。
 ドビュッシーの『月の光』とプーランクの『愛の小径』。

 動画の編集が大変、とのことでこちらは1台のカメラの動画だけで作ってあります。


2021年3月31日 (水)

バウンダリーマイクの改造(追加)

 各部の電圧を測定をして気がついたのですが、差動部の FET に 2SK246BL を小電流で使っているので Vd-s が小さくなっています。といって20210312_boundary_v3_voltage も 6.4V(アダプターを付けると 5.2V )くらいですが、もう少し欲しいな、ということで手を入れることにしました(このままでも良いんですけれどね)。
 一番簡単な方法、ということで、カスコードのゲート電位を作っている抵抗にパラに 200 kΩの抵抗を入れることにしました(回路図に赤字で記載)。
 これで 8.5V(アダプターを付けて 7.6V )くらい、まぁまぁ余裕ができたかな。カプセル内部の FET にもアダプターを付けた状態で 5V かかっているので良い感じだと思います。

 ここまで来たら、アダプターも余裕を持たせますかね。

2021年3月30日 (火)

クレッセント勉強会の録音(3月14日(日))

 2年ほど前に、ピアノ協奏曲の録音を依頼されたピティナの石井先生から、勉強会という発表会を行うので聞きに来ませんか、とお誘いを受け、 頼まれたわけではないのですがマスクとマイクを持って録音してきました。年少から大学院生まで、20人ほどの演奏を1日がかりで聞き、録音することになりました。
20210314_1
 特別ゲスト演奏として、尾城杏奈さんが最後に数曲、これを録音するだけでも価値があります。
 尾城さんは、二宮のラディアンでリストのピアノ協奏曲を、開成町のサロンコンサートでも録音させていただいています。ご母堂から、「良い録音なので、家で良く聞いています」と言われ、こんなにうれしいことはないです。今回も心して録音せねば、.....と言いながらやることはいつも同じなんですけれどね。
20210314_2  今回は初代バウンダリーマイク改造後なので、間隔 60 cm くらいと 1.5 m くらいの2箇所で、スタンドのマイクは客席右側最前列の視野の邪魔にならない位置に立てて3箇所で録ってみました。バウンダリーマイクの間隔の違いがわかるかなぁ。
 
 勉強会は学年別の4部構成になっていて尾城さんの特別演奏を入れて、CDは都合5枚になってしまいました。
 本当は2部を1枚にして枚数を減らそうと思ったのですが、各部全て40数分以上で2部を合わせると83分越えでどうしても1枚に収まり切りません。かろうじて5枚用のケースが1個あったのでそれに入れて渡すことにしました。

2021年3月29日 (月)

たかつホールDEコンサートの録音

 会社のテニス部の先輩からの依頼で録音させていただくことになりました(2月28日(日))。

20210228_1   アルパ(パラグアイハープ)二重奏、ガンバ三重奏、ピアノ伴奏付きヴァイオリンの3グループです。マイクは真正面に立てられないので、バウンダリーとホールの吊りマイクを使いました。楽器の演奏はバウンダリーで良いのですが、最後に歌が入り、これはスピーカーの音を拾わないと声量が小さくて無理、ということで吊りマイクの方を採用しました(スピーカーが天井についているので吊りマイクがうまく拾ってくれます)。

20210228_2 アルパは普通のハープと違ってペダルがないので、白鍵しか弾けなのかと思ったら、各弦に半音ずらすキーが付いているモノと、無いのは左手に金属の爪を持っていてそれで弦を押さえて音程を調整するのだそうです。知りませんでした。

 ガンバは大きさの違うディスカント(ヴァイオリンくらいの大きさ)、テナー、バスの3種類で、1曲はフーガの技法のコントラプンクトス8番(3声は2曲しかない)でした。ここで聴けるとは思わず、うれしいことでした。

20210228_3  ヴァイオリンはベートーベンのロマンス、フォーレのシチリアーノ、ピアソラのリベルタンゴ、チゴイネルワイゼンとタイスの瞑想曲他全7曲と盛り沢山、チゴイネルワイゼンは間近で見ましたが、やっぱり相当の難曲ですね。

 これらを只で聴けるんだから良い企画ですよね。

 曲間に解説が入るので、それを書きおこしてジャケットを作り、各グループに1枚、ホールと先輩に1枚、司会のアナウンス入りのもの3枚を作製し渡しました。
 曲だけのCDはトータルの演奏時間が長く、CDーRの標準記録時間を超えてしまいました(約82分)。コピーしようとすると普通の人はコピーできなくて困るだろうなぁ。

2021年3月26日 (金)

カナックホール(倉田さん)(3月3日(水))

 開成町でお世話になっているYさんからのお話しで、倉田さんの演奏をYoutubeにあげるための録画のお手伝いをすることになりました。私の担当は音、録音で、カメラで撮った映像に合成する音を録ることです。
20210303_img_2392  カナックホールは東神奈川駅前にある小ぶりですが天井も高くいいホールです。
 カメラを複数台準備し録画、編集します。音は複数マイクで録って選んでもらうことにしました。
 試し録りでステージの端においたバウンダリーマイク、ピアノの前に立てたマイク、客席3列目くらいに立てたマイクの3種類を聞いていただいたところ、『バウンダリーマイクがクリアに録れていて良いですね、ピアノのマイクは打弦音が入っていて独特、客席は残響が多くて今一かな、でも折角ホールで録っているのでバウンダリーはもう少しホールトーンが入って欲しい』との感想でしたが、採用する音源はバウンダリーマイクの物になりました。
 
20210303_img_2385  画像の方は、編集のSさんが頑張って、手元と鍵盤のアップ、顔を正面から捉えた映像、客席の方からの映像の3種類を交えて編集しています。4曲録音・録画しましたが、アップしたのは未だ以下の2曲です。

 プーランク エディット・ピアフを讃えて
 
 ブラームス ピアノのための6つの小品 第二曲 Op.118-2

 編集している間に気づいたのは、画像を見ていると手と鍵盤のアップでは指の動きと発音がずれると違和感を感じること、引いた画像では手と音が合いすぎていると逆に違和感を感じること。だから、引いた画像では音が少し遅れるようにした方が自然に感じるとになります。尤もこれは私だけの感じ方かも知れませんが。
 で、よく考えてみたら画像は1秒30コマですから33ms単位でしか合わせられません。それぞれのカメラの同期は取れていませんからカメラ同士のズレは最大33msあることになります。音はずらすわけにはいきませんから音に画像を合わせるにしても、もし手元を撮っている動画に合わせると、クロックが同期していない他のカメラとは最大33msタイミングがずれることになります。音速340m/sとして約11m、まぁ妥当な線でしょうか?でも最小ズレ無し、ですからその場合は引いたカメラで指と音のズレ無し、という違和感のある音になります。難しいです。他の人はどうしているんでしょう、そんな細かいことは気にしていないのかな。

 そんなことは置いておいて、プーランクは良いですよ......曲も、演奏も、録音も(エヘ)。

2021年3月25日 (木)

今期の深夜アニメ(もう殆ど終わりだけれど.....)

 2021年冬期、結構な数のアニメが放映されましたが、ダントツは『無職転生』です。話が結構テンポ良く進むし、絵も綺麗、お子ちゃまには見20210323__20210324001801 せられないお色気もちょびっと入っていて楽しめます(なんと言っても「ご神体」が良いです)。
 もう一つは『ゆるキャン△』。1stシーズンを見ていなかったので、『へやキャン△』ともども探して見てしまいました。『のんのんびより』も悪くないですが、『ゆるキャン△』のほうが私には合っているようです。
 後は『裏世界ピクニック』。最初は何だかなぁ、と思っていたけれど見ていると面白い。(どうも絵の好き嫌いかな?)
 『例えばラスダンジョンの....』と『俺だけ20210323_ 入れる....』と『蜘蛛ですが何か?』は一応見ています。結局異世界ものですね。『転スラ』も見ていますが、1stシーズンに比べると一寸辛いかな。スポ根系はなかなか触手が動かないなぁ。



2021年2月23日 (火)

標準マイク

 これまで、いろいろなマイクを作ってきましたが、個々のマイクの感度差についてあまり考えずにつくってきました。特にマイクカプセルの感度は左右を合わせるために感度測定しているのに、その記録を残していなかったため機器の感度差の情報が残っていません。
20210221_mic_2021022317360120210223_mic_1  そこで基準とする標準的な形状、感度を一つ決めておくことにします。
 回路は2SK879 のソース抵抗無しのバージョン、マイクカプセルはこれまで感度測定をしたうちの最頻値(平均値とほとんど同じでした)のものを3線式に改造したものを基準にしようと思います(カプセルのばらつきは殆どが最頻値+1 dB/ー1.5 dB の範囲です)。
 回路は図の通りで、差動部はペア取りした 2SK879Y、カスコード部は 2SK880 を使います。R8/R9 は 47k/51k を使いました。

20210223_mic_2 20210223_mic_3 マイクカプセルへの配線はパイプの長さの単線をはんだ付けし、2液接着剤で固定します。単線は LAN ケーブルをばらした線を3本捻じって使っています。1 m 竿マイクの時は撚線を使って失敗しましたが、単線ではうまくいきました。
 パイプは 外径 5 mm / 内径 4 mm / 長さ 200 mm の真鍮パイプ( 1 m のパイプから5本取れます)に 7 mm/5 mm と 8 mm/7 mm のパイプを繋ぎ、カプセルを入れるスペースを作ります。熱収縮チューブを被せケーブルを通し、基板/コネクタをはんだ付けして完成です。
 同じものを3本作り、このうち2本は各部の電圧を測定しました。
20210221_mic_votage  カプセルの FET には約 5 V かかっています。FET もセレクト品を使っているのでコネクタの電圧もバランスが取れています。
 これを基準に他のマイクを評価していこうと思います。

2021年2月21日 (日)

AKGのマイクと比較

 SさんからAKGのマイクをお借りして、感度比較をしてみました。C460B と C480B (この2機種はプリアンプの名前)です。
20210221_akg1
 C480B はスイッチが二つ付いていて、ゲイン切り替え( +6 dB, 0, -10 dB の3値)と、ロウカットフィルターが切りかえられるように( In, 70 Hz, 150 Hz )なっています。C460B はスイッチが一つで -, 70 Hz, 150 Hz, -10 dB となっています。
 カプセルが交換できるようになっていて、CK61ULS( カーディオイド ) と CK62ULS( 無指向性 )の2種類がついています。

 今回は、無指向性のカプセルとの感度比較をしてみました。
 比較対象のマイクは、差動部の FET として 2SK879 を採用した(ソース抵抗無し)のもので、マイクカプセルの感度ばらつきの中心値より 1.5 dB 低感度のマイクカプセルを搭載したものです。
 結果は、C480B ( Gain: 0 dB )に比べて感度が約 9.5 dB 高く、C460B に比べて 14.0 dB 高いように思われます。かなり感度が高めですね。

より以前の記事一覧