2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

音楽

2021年10月21日 (木)

クレッセントコンサート2021の録音(10月3日(日))

 大分前にピアノコンチェルトを録音させて頂いた、クレッセントピアノ教室のコンサートの録音です。
20211003_img_2496  中高生ですが、ピアニストを目指して練習している若手の演奏、ということで録音してきました。
 今回もエビさんにバックアップしてもらいました。
 
曲目が、バッハのWTCの1曲とショパン、ベートーヴェン、リストがメインなので、何かのコンクールかテスト向けの練習でしょうか。
 曲の所為かもしれませんが、人によって音が違って面白いです。
 
 今回は、ちゃんと録音して欲しい、ということでマイクの位置を自由に選ばせて頂きました。
20211003_img_2497  と言っても演奏者が聴衆から見えない位置はダメなのですが。
 事前にバウンダリーマイクの設置位置辺りに頭を持って行ってどこの音が良さげか調べてみました。一寸動くとかなり音が変わります。これほど違うとは思わず、今までいい加減にバウンダリーマイクを置いていました。もっと慎重に場所を選ばないといけないんですね、と認識しました。
 スタンドの方は主催者に音の良い場所を選定して頂き、そこに立てさせて頂きました。
 後で聞いてみると流石ですね、良い音で録れています。場所はピアノの外枠が凹んでいる辺りです。
20211003_img_2504  

 本当は動画も撮ってほしい、と依頼されたのですが、動画担当メンバーが所用で不在のため、私の音だけで、動画は親御さんのビデオに私の音を主催者の先生が重ねることになりました。私はCD作成担当です。

2021年10月20日 (水)

スタジオ・ベルソーでの録音(9月25日(土))デオダ・ド・セヴラック ピアノ曲・全曲演奏会(SLRC)第1回 

 フランスの作曲家セヴラックがメインの湘南クラシック音楽を愛する会が主催する深尾由美子さんのコンサートです。
 某所で"バリバリのクラシックファン"という自己紹介をしていますが、実際はそんなにいろいろな作曲家や曲を知っているわけではありません(ただ、変な知識はいろいろ持っていたりします)。セブラックもこの会場でのコンサートがなければ知ることはなかったでしょう。 
20210925_1_img_2470  録音させてもらうことで、今まで知らなかったいろいろな曲を知ることができてうれしいです。

 今回は、配信用の録画/録音で、別の人が撮った画像に私が録った音を埋め込むことになります。マイク基板などの設計をしていただいているエビさんにも参加いただきバックアップしていただきました(バウンダリーマイクの違いを調べてみたい、という下心もあるのですが)。
 動画を撮るのが最優先なので、マイクはカメラに入らない位置に立てる必要があります。カメラは客席の左寄りの後方、ステージ上のピアニストの左から鍵盤と手を写せる位置、顔を撮るためのステージ右側、の3台です。バウンダリー(エビさんのと私のを2台並べて配置)は許してもらいましたが、スタンドはカメラに映らないギリギリの位置に立てることになり、少しピアノから離れた位置になります。
 
20210925_2_img_2470  当日のスケジュールは、調律後にリハーサルとして本番同様に演奏し、午後本番として収録します。但し、本番でキズがある場合は、リハーサル、または本番後に追加演奏した部分で修正を入れます(私の作業(T_T;)。ピアニストのご主人が作曲家で、演奏中に楽譜にチェックを入れてどこを手直しするか指示が来ます。お気楽に録音に来ていましたが、結構プレッシャーがかかります。

 終了後、ピアニストに伺ったら「バウンダリーの方が良い」というお答えでした。そちらで編集を始めます。

2021年10月19日 (火)

ピアノサロン・ムー での録音(8月28,29日(土、日))

一寸古いですが、....

20210828_pic  CD作製のための録音を依頼されました。
 私のような素人で良いのかなぁ、と思いつつ。

 ピアノは Steinberg/Berlin で小ぶりのグランドです。
 曲はフランスの作曲家中心にバロックと(ロマン派?の)セブラックとタイユフェール
 今回のマイクセッティングは、響きを大切にしたいとのことでスタンドでの録音となりました。
20210828img_2468_s
 バウンダリーマイクだと反射音による音の濁りが少なくてクリアですが、高音が少し落ちるし、アタック感も弱くなります。

 演奏中にバロックの曲ではもう少し余韻が欲しいということでいろいろ試した結果、ピアノの蓋の折りたたむ部分(譜面台あたりのカバーになる部分)を伸ばしておくと(写真)ご希望の響きに近くなる、とのことでその状態で演奏することになりました。
 チェンバロ演奏の時は、同じようにしないと周りの楽器の音に隠れて自分が何を弾いているかわからなくなるので普通に行うのですが、ピアノでも響きがかなり変わるんですね。フルコンじゃないから、蓋の面積の変化がより大きいからかも知れません。
 
20210828_img_2464  コンサートの録音はミスタッチはそのまま残します(一発録りなので修正できないので当たり前です)が、スタジオ録音は極力ミスタッチをなくさなければなりません。何回か弾いたうちの流れの良いテイクのミスタッチを他のテイクで修正する、という作業になります。
 編集が結構大変そうです(というか、大変でした)。

2021年10月18日 (月)

ロックカフェ・デンでのコンサートの録音(9月12日(土))

 ヴィオラ・ダ・ガンバとクラシックギターのコンサートの録音。
20210912_dscn5529  調布の喫茶店でのコンサートです。
 動画希望、とのことで、私が録音、S氏が映像を担当することになりました。
 非常に狭い空間でのコンサートで、L字型のホールスペースなのでガンバとギターが座ると前にスペースがほとんどありません。カメラ/マイクは設置できる場所に置いてとにかくとる、と言う方針。
 バウンダリーと強引に上からマイクを吊して録った結果、ご希望は吊りマイクでした。音は上方へ出るのでそちらの方が楽器の音が録れていると言うことでしょうか。

20210912_dscn5523  動画と合わせるうちに、Mixしてほしい、とのことで比率を変えてバウンダリーとスタンドマイクの音をMixしたデータを作り、好みの比率のもので動画を作製することになりました(これはS氏の作業です)。

2021年4月12日 (月)

月の光と愛の小径

 先日 Youtube アップ用に録音したピアノ曲の残りの2曲がアップされました。
 ドビュッシーの『月の光』とプーランクの『愛の小径』。

 動画の編集が大変、とのことでこちらは1台のカメラの動画だけで作ってあります。


2021年3月30日 (火)

クレッセント勉強会の録音(3月14日(日))

 2年ほど前に、ピアノ協奏曲の録音を依頼されたピティナの石井先生から、勉強会という発表会を行うので聞きに来ませんか、とお誘いを受け、 頼まれたわけではないのですがマスクとマイクを持って録音してきました。年少から大学院生まで、20人ほどの演奏を1日がかりで聞き、録音することになりました。
20210314_1
 特別ゲスト演奏として、尾城杏奈さんが最後に数曲、これを録音するだけでも価値があります。
 尾城さんは、二宮のラディアンでリストのピアノ協奏曲を、開成町のサロンコンサートでも録音させていただいています。ご母堂から、「良い録音なので、家で良く聞いています」と言われ、こんなにうれしいことはないです。今回も心して録音せねば、.....と言いながらやることはいつも同じなんですけれどね。
20210314_2  今回は初代バウンダリーマイク改造後なので、間隔 60 cm くらいと 1.5 m くらいの2箇所で、スタンドのマイクは客席右側最前列の視野の邪魔にならない位置に立てて3箇所で録ってみました。バウンダリーマイクの間隔の違いがわかるかなぁ。
 
 勉強会は学年別の4部構成になっていて尾城さんの特別演奏を入れて、CDは都合5枚になってしまいました。
 本当は2部を1枚にして枚数を減らそうと思ったのですが、各部全て40数分以上で2部を合わせると83分越えでどうしても1枚に収まり切りません。かろうじて5枚用のケースが1個あったのでそれに入れて渡すことにしました。

2021年3月29日 (月)

たかつホールDEコンサートの録音

 会社のテニス部の先輩からの依頼で録音させていただくことになりました(2月28日(日))。

20210228_1   アルパ(パラグアイハープ)二重奏、ガンバ三重奏、ピアノ伴奏付きヴァイオリンの3グループです。マイクは真正面に立てられないので、バウンダリーとホールの吊りマイクを使いました。楽器の演奏はバウンダリーで良いのですが、最後に歌が入り、これはスピーカーの音を拾わないと声量が小さくて無理、ということで吊りマイクの方を採用しました(スピーカーが天井についているので吊りマイクがうまく拾ってくれます)。

20210228_2 アルパは普通のハープと違ってペダルがないので、白鍵しか弾けなのかと思ったら、各弦に半音ずらすキーが付いているモノと、無いのは左手に金属の爪を持っていてそれで弦を押さえて音程を調整するのだそうです。知りませんでした。

 ガンバは大きさの違うディスカント(ヴァイオリンくらいの大きさ)、テナー、バスの3種類で、1曲はフーガの技法のコントラプンクトス8番(3声は2曲しかない)でした。ここで聴けるとは思わず、うれしいことでした。

20210228_3  ヴァイオリンはベートーベンのロマンス、フォーレのシチリアーノ、ピアソラのリベルタンゴ、チゴイネルワイゼンとタイスの瞑想曲他全7曲と盛り沢山、チゴイネルワイゼンは間近で見ましたが、やっぱり相当の難曲ですね。

 これらを只で聴けるんだから良い企画ですよね。

 曲間に解説が入るので、それを書きおこしてジャケットを作り、各グループに1枚、ホールと先輩に1枚、司会のアナウンス入りのもの3枚を作製し渡しました。
 曲だけのCDはトータルの演奏時間が長く、CDーRの標準記録時間を超えてしまいました(約82分)。コピーしようとすると普通の人はコピーできなくて困るだろうなぁ。

2021年3月28日 (日)

スタジオ・ベルソーで清水友美ピアノコンサートの録音

 一寸古いですが、......録音すると編集とCD作製に少なくとも2日はかかり、1週間に3回入る(2月27日、28日、3月3日)と記事を書いている余裕がなくて遅れてしまいます。
20210227__2
 これは2月27日茅ヶ崎の湘南クラシック音楽を愛する会主催のコンサートの録音で、山田耕筰と現代音楽が多いです。
 マイクはいつもの通り、バウンダリーとステージ右側のスタンドですが、WM-61AとXCM6035(秋月のWM-61A相当品)の違いを録音できないか、と2本立ててみました(未だ余裕がなくて比較試聴していません)。
 
20210227__1  もう1枚の写真は、盲目のピアニストとの連弾のリハーサルの様子、横に立っているのは作曲家の近藤浩平さん。


 近藤さんの話は面白くて、「作曲家の中には気に入らないと楽譜を捨てちゃう人がいるけれど、評価は自分でするもんじゃないから私は捨てない。チャイコフスキーの5番だってブラームスから『最初の部分がしつこすぎる』と言われたけれど結局そこが良かったりする。大作曲家の評価だって信用ならないのに、自分で評価するなんて。因みに私は今作品番号209くらいかな.....」てな感じです(正確にはこうではなかったかも知れないけれど)。「一番演奏されている曲は?」と聞いたら「『海辺の祈り』かな、200回以上演奏されていると思う。」とのことでした。今回の外出自粛騒ぎで演奏の機会が減った演奏家から独奏曲の作曲依頼が来て、いろんな楽器用の独奏曲を作曲したそうです。こういう話を聞けるのが役得かな。

 演奏家と事務局と作曲家に渡すCDとして計10枚作製してお渡ししました。

2021年3月26日 (金)

カナックホール(倉田さん)(3月3日(水))

 開成町でお世話になっているYさんからのお話しで、倉田さんの演奏をYoutubeにあげるための録画のお手伝いをすることになりました。私の担当は音、録音で、カメラで撮った映像に合成する音を録ることです。
20210303_img_2392  カナックホールは東神奈川駅前にある小ぶりですが天井も高くいいホールです。
 カメラを複数台準備し録画、編集します。音は複数マイクで録って選んでもらうことにしました。
 試し録りでステージの端においたバウンダリーマイク、ピアノの前に立てたマイク、客席3列目くらいに立てたマイクの3種類を聞いていただいたところ、『バウンダリーマイクがクリアに録れていて良いですね、ピアノのマイクは打弦音が入っていて独特、客席は残響が多くて今一かな、でも折角ホールで録っているのでバウンダリーはもう少しホールトーンが入って欲しい』との感想でしたが、採用する音源はバウンダリーマイクの物になりました。
 
20210303_img_2385  画像の方は、編集のSさんが頑張って、手元と鍵盤のアップ、顔を正面から捉えた映像、客席の方からの映像の3種類を交えて編集しています。4曲録音・録画しましたが、アップしたのは未だ以下の2曲です。

 プーランク エディット・ピアフを讃えて
 
 ブラームス ピアノのための6つの小品 第二曲 Op.118-2

 編集している間に気づいたのは、画像を見ていると手と鍵盤のアップでは指の動きと発音がずれると違和感を感じること、引いた画像では手と音が合いすぎていると逆に違和感を感じること。だから、引いた画像では音が少し遅れるようにした方が自然に感じるとになります。尤もこれは私だけの感じ方かも知れませんが。
 で、よく考えてみたら画像は1秒30コマですから33ms単位でしか合わせられません。それぞれのカメラの同期は取れていませんからカメラ同士のズレは最大33msあることになります。音はずらすわけにはいきませんから音に画像を合わせるにしても、もし手元を撮っている動画に合わせると、クロックが同期していない他のカメラとは最大33msタイミングがずれることになります。音速340m/sとして約11m、まぁ妥当な線でしょうか?でも最小ズレ無し、ですからその場合は引いたカメラで指と音のズレ無し、という違和感のある音になります。難しいです。他の人はどうしているんでしょう、そんな細かいことは気にしていないのかな。

 そんなことは置いておいて、プーランクは良いですよ......曲も、演奏も、録音も(エヘ)。

2021年2月18日 (木)

武蔵ホール(入間市 武蔵藤沢駅)で録音(2月17日)

 武蔵藤沢駅前の武蔵ホールでクラリネット独奏の録音をしてきました。
20210217_1 20210217_2  ホールはビルの5階にあってオーナーの趣味で作ったのでしょうか、天井が非常に高くなっています。2階席は前列が掘りごたつみたいになっていて、後に椅子を並べるようになっています。130人収容、とありますが100人くらいでしょうね。2階席に70人くらい、1階に60人くらいなのでしょうが、一寸ギュウギュウ詰めになりそうです。80人くらいだとゆったり聴けそうです。
 ピアノはベヒシュタインのフルコン、アシュケナージのサインがあります。予備室には2段チェンバロも置いてあります。すご~~い。
 近くに入間基地があってロビーから戦闘機の離着陸が見えたりします。

 実はオーディション用DVD作製のための録音です。ビデオカメラでは音質がいまいちなので音は専用機器で録って合わせるという作業です。
20210217_4  録音はバウンダリーと 1.5 m の竿マイクを使いました。しかし、竿がノイズを拾ってしまい通常のマイクに変更しました。竿のノイズは原因不明で場所を変えると消えます。初期のマイクなのでカプセルが2線式、(ノイズ源がどこかはともかく、)これが問題なのだろうと思います.現有の2線式は全部3線式に変更しようと思います。
 
 収録はピアノ伴奏のモーツアルト、オーケストラの中の独奏部分の演奏などを連続して録画したものが必要で切り貼り不可、とのことで、演奏そのものは8-9分ですが、3時から6時までいろいろ含めて通しの録音を5回行い、テイク4かテイク5を選ぶことになりました。
 最初にどのマイクセッティングが良いか演奏家に確認していただきました。バウンダリーは生々しすぎる、折角良いホールで録音しているのでホールの音を入れたい、ということでスタンドの方を採用することになりました。

 終了後は画像と音を合わせる作業をガストで実施、ただ8時で追い出されてしまうので時間切れになりましたが、一応テイク4はDVD焼きまで終了、テイク5は演奏家にやっていただくことになりました(私は録音したデータを渡しただけです)。後は良い結果を待つだけです。

 帰宅後、自身で画像への音データの取り込みを行ってみました。位置合わせがキツいですができないことは無さそうです。
 少し勉強してテレビで見られるDVDを作ってみようと思います。

より以前の記事一覧