2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

録音

主に自作マイクを使ったコンサートの録音

2021年10月21日 (木)

クレッセントコンサート2021の録音(10月3日(日))

 大分前にピアノコンチェルトを録音させて頂いた、クレッセントピアノ教室のコンサートの録音です。
20211003_img_2496  中高生ですが、ピアニストを目指して練習している若手の演奏、ということで録音してきました。
 今回もエビさんにバックアップしてもらいました。
 
曲目が、バッハのWTCの1曲とショパン、ベートーヴェン、リストがメインなので、何かのコンクールかテスト向けの練習でしょうか。
 曲の所為かもしれませんが、人によって音が違って面白いです。
 
 今回は、ちゃんと録音して欲しい、ということでマイクの位置を自由に選ばせて頂きました。
20211003_img_2497  と言っても演奏者が聴衆から見えない位置はダメなのですが。
 事前にバウンダリーマイクの設置位置辺りに頭を持って行ってどこの音が良さげか調べてみました。一寸動くとかなり音が変わります。これほど違うとは思わず、今までいい加減にバウンダリーマイクを置いていました。もっと慎重に場所を選ばないといけないんですね、と認識しました。
 スタンドの方は主催者に音の良い場所を選定して頂き、そこに立てさせて頂きました。
 後で聞いてみると流石ですね、良い音で録れています。場所はピアノの外枠が凹んでいる辺りです。
20211003_img_2504  

 本当は動画も撮ってほしい、と依頼されたのですが、動画担当メンバーが所用で不在のため、私の音だけで、動画は親御さんのビデオに私の音を主催者の先生が重ねることになりました。私はCD作成担当です。

2021年10月20日 (水)

スタジオ・ベルソーでの録音(9月25日(土))デオダ・ド・セヴラック ピアノ曲・全曲演奏会(SLRC)第1回 

 フランスの作曲家セヴラックがメインの湘南クラシック音楽を愛する会が主催する深尾由美子さんのコンサートです。
 某所で"バリバリのクラシックファン"という自己紹介をしていますが、実際はそんなにいろいろな作曲家や曲を知っているわけではありません(ただ、変な知識はいろいろ持っていたりします)。セブラックもこの会場でのコンサートがなければ知ることはなかったでしょう。 
20210925_1_img_2470  録音させてもらうことで、今まで知らなかったいろいろな曲を知ることができてうれしいです。

 今回は、配信用の録画/録音で、別の人が撮った画像に私が録った音を埋め込むことになります。マイク基板などの設計をしていただいているエビさんにも参加いただきバックアップしていただきました(バウンダリーマイクの違いを調べてみたい、という下心もあるのですが)。
 動画を撮るのが最優先なので、マイクはカメラに入らない位置に立てる必要があります。カメラは客席の左寄りの後方、ステージ上のピアニストの左から鍵盤と手を写せる位置、顔を撮るためのステージ右側、の3台です。バウンダリー(エビさんのと私のを2台並べて配置)は許してもらいましたが、スタンドはカメラに映らないギリギリの位置に立てることになり、少しピアノから離れた位置になります。
 
20210925_2_img_2470  当日のスケジュールは、調律後にリハーサルとして本番同様に演奏し、午後本番として収録します。但し、本番でキズがある場合は、リハーサル、または本番後に追加演奏した部分で修正を入れます(私の作業(T_T;)。ピアニストのご主人が作曲家で、演奏中に楽譜にチェックを入れてどこを手直しするか指示が来ます。お気楽に録音に来ていましたが、結構プレッシャーがかかります。

 終了後、ピアニストに伺ったら「バウンダリーの方が良い」というお答えでした。そちらで編集を始めます。

2021年10月19日 (火)

ピアノサロン・ムー での録音(8月28,29日(土、日))

一寸古いですが、....

20210828_pic  CD作製のための録音を依頼されました。
 私のような素人で良いのかなぁ、と思いつつ。

 ピアノは Steinberg/Berlin で小ぶりのグランドです。
 曲はフランスの作曲家中心にバロックと(ロマン派?の)セブラックとタイユフェール
 今回のマイクセッティングは、響きを大切にしたいとのことでスタンドでの録音となりました。
20210828img_2468_s
 バウンダリーマイクだと反射音による音の濁りが少なくてクリアですが、高音が少し落ちるし、アタック感も弱くなります。

 演奏中にバロックの曲ではもう少し余韻が欲しいということでいろいろ試した結果、ピアノの蓋の折りたたむ部分(譜面台あたりのカバーになる部分)を伸ばしておくと(写真)ご希望の響きに近くなる、とのことでその状態で演奏することになりました。
 チェンバロ演奏の時は、同じようにしないと周りの楽器の音に隠れて自分が何を弾いているかわからなくなるので普通に行うのですが、ピアノでも響きがかなり変わるんですね。フルコンじゃないから、蓋の面積の変化がより大きいからかも知れません。
 
20210828_img_2464  コンサートの録音はミスタッチはそのまま残します(一発録りなので修正できないので当たり前です)が、スタジオ録音は極力ミスタッチをなくさなければなりません。何回か弾いたうちの流れの良いテイクのミスタッチを他のテイクで修正する、という作業になります。
 編集が結構大変そうです(というか、大変でした)。

2021年10月18日 (月)

ロックカフェ・デンでのコンサートの録音(9月12日(土))

 ヴィオラ・ダ・ガンバとクラシックギターのコンサートの録音。
20210912_dscn5529  調布の喫茶店でのコンサートです。
 動画希望、とのことで、私が録音、S氏が映像を担当することになりました。
 非常に狭い空間でのコンサートで、L字型のホールスペースなのでガンバとギターが座ると前にスペースがほとんどありません。カメラ/マイクは設置できる場所に置いてとにかくとる、と言う方針。
 バウンダリーと強引に上からマイクを吊して録った結果、ご希望は吊りマイクでした。音は上方へ出るのでそちらの方が楽器の音が録れていると言うことでしょうか。

20210912_dscn5523  動画と合わせるうちに、Mixしてほしい、とのことで比率を変えてバウンダリーとスタンドマイクの音をMixしたデータを作り、好みの比率のもので動画を作製することになりました(これはS氏の作業です)。

2021年8月 3日 (火)

ECMマイクの感度測定 その4

 ここまで来たので、どのくらいの時定数なのか見てみました。
20210802_04 20210802_05  グラフの " ● " が実測の点で実線がシミュレーションと言いますか、グラフ中の式に適当な定数を与えたもので、図中に " α " が記入してあります。カプセルによって時定数は少し違うようですがFET の特性でしょうか。

 だからなんだ、と言われると困るのですが、マイクの特性より下まで回路の特性を伸ばしてもしょうが無い、と言うことがわかりました、って事ですかね。

2021年8月 2日 (月)

ECMマイクの感度測定 その3

 マイクの電流(内部 FET の Idss )を測定してみました。
20210731_03
 1個だけ値の異様に少ないの( 0.13 mA )がありましたが、他の39個は図の通りです。
 平均 0.44 mA、標準偏差 0.041 mA でした。
 電流を測定している抵抗( 20 kΩ )とマイクには 15 V 強かかっていますので、マイクにかかっている電圧は 約 5 ~ 7 V になります。
 ほぼ 0.4 ~ 0.5 mA ですね。

2021年8月 1日 (日)

ECMマイクの感度測定 その2

 感度測定はそれなりに精度を出せるのですが、電流測定は信頼性がかなり低い状態でした。マイクの電流を測定するためにテスターの端子をあてると値が変わっていくので測定した本人(Watashi)も ± 10% の精度があるかなぁ?と思ってました。
 まぁこれではイカン、ということで変化の具合を見てみることにしました。タイミングの具合で電流が増える(ソース抵抗両端の電圧を測っているのですが)場合と減る場合があります。
20210731_02  で、2個のマイクについてその両方の場合の時間変化を追っかけたのがグラフです。
 高い方から降りる場合と、下から上がる場合で時定数が違うようですが、まぁどちらもいずれは同じ値に収斂するようです、当たり前....ですが。
 で、結果として電流値はテスターを繋いで2分放置してから測定するのが良さそうで、これでまぁまぁの精度が出せそうです(ということはセッカチな私は値が落ち着くまで待っていられなかった、とうことです)。

 で、これから全数測定しなおすことにします。ヤレヤレ。

2021年7月31日 (土)

ECMマイクの感度測定

 エビさんからWM-61A相当品 40個を預かりましたので、感度測定してみました。
20210728_011527
 当然パターンカットからです。流石に相当数こなして経験値を稼いだので、何とか無事40個測定できるまで持って行けました。今回は後でリード線を交換できるように接着剤で固めていません。

 作るのも面倒くさい(何しろ老眼にあの細かい作業は辛い)のですが、測定がさらにメンドい。
 感度は 0.5 dB 刻みで測定しています。これはレコーダーの表示が 0.5 dB 刻みだからですが、よく見れば刻みの半分の精度まで読み取れそうです(意味ある測定かどうかは別ですが...)。
20210731_01
 過去に測定したマイクが同じ感度になることを確認(1個だけですが)してから測定を開始、グラフのようにかなりばらつきが小さいと言う結果で、かなりのペアが組めそうです。
 標準偏差は 0.82 dB で 3/4 くらいが 2 dB の幅に入ることになります。

2021年5月16日 (日)

マイクアダプターの効果(その2)

 効果を見やすくするためにレベル差でグラフにしました(久しぶりにやったらやり方忘れていて往生しました)。
 
20210516_ 20210516__20210516223601  測定はツイーターの前にマイクを2本置いて、片方は同一条件で録り続け、もう一方は 50 m のケーブルを繋いだり、マイクアダプターを挿入したりして 1 kHz から 40 kHz までのサインウエーブのデータを"WaveSpectra"で f特を取り、データを取り込んで処理(引き算)します。

 最初の図(左)は再現性を見てみたもの、そこそこ同じようなデータが取れています(3回測定して1回目/2回目の差、2回目/3回目の差を示しています。片方は見やすいようにレベルをずらしています。)。
 2番目の図(右)は 50 m のケーブルを繋いだ場合と 1 m のケーブルの場合の差、および、50 m + アダプター の場合です。
 50 m ケーブルで 20 kHz あたりで 6 dB 程度減衰しているのがわかりますが、アダプタを挿入すると復帰しています。

20210516_akgc460b  で AKG の C460B も調べてみました。C460B の場合は 50mケーブルを繋いでもほとんど変化ありません。送り出しがトランスなのでケーブル長の影響は小さいのでしょう。

2021年5月 6日 (木)

マイクアダプターの効果

 マイクアダプターの効果を簡易調査してみました。
_01 _02

 自作マイクとレコーダーの間に長いケーブルを繋いで、アダプターの有無でf特がどう違うかを調べます。
 ケーブルは録音用にあるものを繋いで 50 m 程度にしたものを使いました。

 音は WaveGene で作ったスイープ信号で 1 kHz から 40 kHz までを使います。スーパーツイータで再生して録音し、50 m ケーブルの有無、アダプター有無で比較します。

 で、やってみるとアダプター(図では"バッファ"と書いてありますが....)の効果絶大です。
 アダプターを繋がないと 50 m のケーブルで 20 kHz あたりで 6 dB ほど減衰してしまいます。アダプターを繋ぐと殆ど減衰がありません。

 私が行う録音ではケーブル長はせいぜい 10 m 程度ですが、一寸長いときには精神衛生上アダプターを使うことにしましょうかね。
 音質の変化があるかは確認する必要がありそうです。

より以前の記事一覧