2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

録音

主に自作マイクを使ったコンサートの録音

2022年12月 7日 (水)

開成町でピアノの録音(12月3日)

 西湘サロンコンサートの録音です。吉田サハラさん、何度か録音させていただいています。
20221203_1  今回はシューマンの交響的練習曲とリストのピアノソナタロ短調です。
 パワフルで圧倒されます。途中で調律が外れてしまったのが残念、しかし素晴らしい演奏だったと思います(素人の私が聞いても調律がずれているのがわかるのだから演奏家は相当気になったでしょうね)。
 この演奏の聴衆が30~40人というのがもったいない。

 動画も同時に撮っているのですが、こちらはホール後方とステージ上手から顔が映るアングルと手と鍵盤を狙っています。

 マイクはバウンダリーとピアノ前のスタンド、それとステージ上手に高めのスタンドを立てました。その他にSさんが客席最前列に無指向性と指向性マイク(A月で売っている四つ葉のマイク)を立てて録音しました。
20221203_2  上手のマイクは聞いた感じピアノが遠くに聞こえて使えません。バウンダリー(最新版、フェルトの色を変えてあります)が一番バランスが良かったと思います。

 シューマンの交響的練習曲は遺作付き、ということで、CD作成の際の曲の分割方法を確認するために楽譜を見ながら聞いていたら、途中から追っかけられなくなってしまいました。よく見たら、最後に遺作を演奏するのでは無くて途中に挟み込むんで演奏していたんですね(そういう慣習なのか、彼独自の演奏なのか知りませんが)。

 さて、CDを作ってケースの在庫を見たら......無い! とうことで買おうとしたら値段が5割も上がっている! 早く買っておけば良かった。
 マイク用のケーブルも値上がりしているし、スタンドのケースも値上がりしているし、困ったもんです。

2022年11月24日 (木)

バウンダリーマイク三代目(その2)

 フェルトを貼り付けた状態が左の写真です。
Dscn5890_s Dscn5891_s  裏はシールド用の銅箔が見えています。フェルトは取り換えられるようにしました。ステージに合わせて色を変えることができます。ケーブルは少し細めの4線シールドケーブルを使っています。
 右は表面に貼り付けた鉛板が見えるようにフェルトを剥がした状態、0.5 mm の鉛板を2枚重ねています。ケーブル抜きで 150 g くらいです。

20221115_boundary_mic_3v  各部の電圧を測定してみました。電圧はケーブルが長いときに使うアダプタを入れないときと入れたとき(カッコの中)と両方表示してあります。カプセルの FET にかかる電圧がアダプタの有無にかかわらず一定で気持ちが良いです(実は R8/R9 には 47 k を使っていましたが、2SK170 の Vds がアダプタを入れたときに小さくなるので 33 k に変更しています)。

2022年11月23日 (水)

バウンダリーマイク三代目

 コンサートの録音で知り合った録画担当のHさんにバウンダリーマイクをお貸ししたら、返ってきそうにないので3台目を作ることにしました。
   チップ部品用のプリント板を使っても良いのですが、余っているディスクリート部品を使って別回路を作ることにします。
 これまで通り合板に鉛板を貼り付ける形で、少し小振りの直径 100 mm で作ります。
20221115_boundary_mic_3
 ということで回路は左の通り、カプセルにかける電圧は、Q5 の定電流源と R10 で決めます( R10 を適当に決めて R9 で電圧を調整します、逆でも良いけど....)。差動部分の電流は、Idss が 1.5 mA くらいの FET があったのでそれを使って定電流源としました。 入手困難な部品ばかりですが、在庫処分を兼ねています。
 おまけとして差動部のソースに抵抗を入れ、ゲインを変えられるようにしました(ノイズ的には不利かなぁ)。

Dscn5885_s Dscn5883_s
 なるべく薄くしたかったのですが、やはりディスクリートで組むとそこそこの厚さが必要でした。3 mm / 6 mm / 3 mm の3枚重ね一番上に鉛板を貼り付け、フェルトのカバーを付けます。回路が入る周辺に銅箔テープを貼ってシールドします。ダイソーのジェルの様な滑り止めをフニャフニャの足にして床の振動が伝わらないようにします。

2022年9月24日 (土)

鶴見サルビアホールでのコンサート(9月22日)

 倉田莉奈さんのリサイタル。特定の作曲家の曲を演奏するのでは無く、いろいろな作曲家の曲を演奏し、全体を通して一つの世界を作る、というImg_2740s 感じの演奏会です。照明もピアニストだけにスポットをあて全体がくらい中で演奏されます(録画は大変でしょうね)。
 こういう演奏会は初めてで、途中休憩無く約1時間半連続して演奏され、倉田さんの作る世界に浸る感じです。極めて刺激的、初めて聞く曲も多いのですが楽しめました。

 録音にいったので、そちらはというと、バウンダリーとピアノ前に2セット(1セットはピアノの中に突っ込みました)、ステージ上手壁際に1セット、と計4セットで録音しました。
Dscn5815_s バウンダリーはピアノから少し離れていたためか、ホールの特性なのか、かなり残響が入っているように思います。
 今回も吊りマイクがあるのを忘れてしまいました。吊りマイクをセットしたまま(3本のケーブルを繋いだまま)だと照明を扱うときに引っかかるので、通常は結線してありません。使う場合は事前にお願いしておく必要があります。次回忘れないように事務局にお願いしておきました。

 こういう演奏会ですから、CDを作る際、曲間の時間をどうするか悩みます。実際には途中で入場する人がいたりしてピアニストはその間静かになるまで待って演奏を続けます。曲と曲の間に無音の状態を作ると不自然になるかも知れないし、悩ましいことです。

2022年9月20日 (火)

PIANO STUDIO FIX 立川で録音(8月11日)

 『岡林 亜沙美(クラリネット)・岡林 麻里子(チェロ) &倉田 莉奈(ピアノ) ~街の歌~ 室内楽コンサート』を録音してきました。
20220811_fzo609dacamytag 20220811_dscn5767 20220811_dscn5769  倉田さんからのお話しで、ピアノスタジオフィックス立川での録音です。元々はシェア奥沢クラシックサロンでの演奏会で、そこでは録音も付随していたのですが、事情があって演奏会場が変更になったため録音に向かいました。50人~80人くらいのホールです。あちらこちらにこういうホールがあるんですね。今回は、映像用の録音ということでCD作製はありません。
 バウンダリーと低いスタンドを立てました。吊りマイクが付いていたので、それも録音しておきました。
 
 バウンダリーはクラリネットとチェロの音が生々しく録れていますが、ピアノが少し遠い感じがします。ステージ前のスタンドはもう少しバランスが良いかな。ホールのマイクは少しホールトーンが多く遠い感じがします。マイクの性能より設置位置が重要、と言うことかな?

2022年9月15日 (木)

USB A-C変換コネクタ

 最近ノートPCのUSBコネクタがCコネクタになってしまったので古いコネクタを沢山持っている私はA-C変換コネクタが必要になります。
20220914_usb  ダイソーで売っていたのでこれは便利、と買ってみましたが、結構壊れます。これまで5個買って既に3個壊れました。1個はCコネクタの部分が外れ、本当に壊れました。後の2個は接触不良か時々接続が切れます。
 結構使えるものが多いダイソーですが、これは安物買いの.....でした。残念!
 で、ネットで探してケーブルタイプの変換コネクタを購入しました。こちらの耐久性はどうでしょう?

2022年9月14日 (水)

9月11日(日)小田原三の丸ホール で録音

 128人収容の小ホール。以前録音したことのある園田紘子さんのピアノコンサート。ほぼ満席でした。
Img078  最近オープンしたばかりのホールで、新しいスタインウエイが入っています。
 
 調律師の方と少し話をさせて頂きました。平均律以外で調律することは無い、した場合演奏後元に戻さないといけない(確かに)。
 高音の弦が切れた場合、まぁ最低でも1本は残るが低音の弦が切れた場合、松尾に連絡するとバイク便で弦を配達してくれるそうです。(...今ネットを見たら松尾楽器はスタインウエイから契約解除されて閉店したようです。)低音の弦が切れるとすごい勢いで弦が飛んでいくので非常に危険だそうです、幸い経験したこてはないですが、とおっしゃってました。
 
 ステージは客席最前列と同じ高さ、後方のひな壇は引き込み式になっていて広いステージとしても使えるようになっています。

20220911_1 床板が白いのでピアノ前にスタンドを立てるのはやめてください、とのことで今回もバウンダリーをメインにすることにしました。まぁいつもの通りですが。
 向かって右の壁際にスタンドを立て、もう一本最後方、席の後ろにスタンドを立てました。こちらはホールの残響でボケボケでしょうが、どのように録れるか確認です。
 もう一本、SさんがAKGのC480を比較用に録音してくれるので、壁際スタンドにマイクを並べてみました。
 写真はリハーサル風景ですが、バウンダリーとスタンドが見えています(バウンダリーは少し間隔を空けすぎたかな)。
 
 以前、ピアノの中にマイクを置いた人が居たそうで、その場では思いつかなかったのですが、DR-70のMic3とMic4を使ってレコーダー毎ピアノのフレームに置けばよかったことに思い至りました。次回チャンスがあったらやってみましょう。
 

2022年9月 9日 (金)

ギターデュオの録音 8月26日(金)

  鶴見駅前サルビアホール、100席程度の音楽ホールです。
20220826_n  20220826_01  
 ギターのデュオで、どのようにマイクを立てれば良いのか未だつかめていません。取り敢えずいつもの通りバウンダリーと低めのスタンドを立てました。写真はリハーサルの様子で、マイク位置は奏者からは少し遠目です。
 三点吊りマイクもあるようですが、今回は準備していなかった(ホールのほうで組み立ててなかった)のでパスしました。
 ホール横に保険のマイクを立てて、3セットで録音しました。
 曲はセヴラックやモンポウの編曲もの他、です。
 
 家でヘッドフォンで聴いてみたら、バウンダリーの方が艶があってこちらが好みかな。スピーカーで聴くとまた違って聞こえますが、CDはこちらで作ってみることにします。

代官山ヒルサイドプラザで録音(7月24日)

 入口がわかりにくい(地上に飛び出た円形の構造物が入り口)、地下にあるホールです。20220724_panf
20220724_195950_s 20220724_163950_s  100人くらいのホールで2階席があります。ピアノはベーゼンドルファー。
 オーバーホールしたとのことで、ピアノ内部は非常にきれい。よく見ると高音部も弦が1本1本張ってあります。普通はUの字にひっかけて、2本分を1本で張ってありますが、流石ベーゼン(?)。

 曲はセヴラック中心のプログラムで、ピアノ独奏から弦楽合奏まで編成がいろいろ変わります。
 マイクの設置に悩みますが、客入りのコンサートの標準として、バウンダリーをメインに、客席の脇にスタンド(万が一の保険ですね)、それと弦楽合奏の時には(演奏者と主催者に許可を得て)写真のように中央に低いスタンドを立てることにしました。これは、低いスタンド(ドラム用?)に自作のマイクホルダーを付けてレコーダーを袋に入れて一体化してあります。これを弦楽合奏の時は椅子を並べるときに中央へ持って行き、椅子を掃うときに引き上げました。
Pict8_s  写真は2階席に設置したヴィデオカメラのキャプチャです。

 音を聞いていただいた結果、弦楽合奏はスタンドの録音を使うことにしました。

 袋に入れたレコーダーは DR-100mk3 で、この時にUSBコネクタが壊れたようです。

2022年9月 5日 (月)

壊れた DR-100mk3

 USBコネクタが破損、というか半田がとれてコネクタが奥へひっこんでしまった。
20220904_dr100mk3  録音の時は外部電源を繋いでおかないと、電池がもたないのでこれは致命的。何より内部電源が充電できない。
 
 ZOOM F6を買ったので録音に問題はないけれど、.....。便利に使っていたのはマイクカプセルの感度測定。二つのカプセルをスピーカーの前に並べて、同じレベルになるようマイクゲインを調整してゲイン差でカプセル感度を評価していました。
 まぁ外部電池(単3電池)でも良いか、と思ったら内部バッテリーが充電不足だとうまく動きません。う~~~む、困った。

 修理にいかほどかかるか問い合わせたら、13k~30kオーバー、悩む。
 壊すの覚悟で自分でバラしてみるかなぁ。

より以前の記事一覧